3.わきがと汗臭さの違いって?

わきがの臭いと、汗臭さの違いがいまいち分からず、悩んでいる人も多いかもしれませんね。わきがと汗臭さは、まったく異なるものです。ある程度は自己判断できますので、ぜひチェックしてみましょう。一般的に汗臭いと言われるのは、いうなれば「酸っぱい臭い」になります。たしかに気持ちのいい匂いではありませんが、異臭とか、鼻をつく、という域には達しないことが多いでしょう。一方、わきがの臭いは独特の強烈さをもっています。よく表現されるものとしては「ゴボウやネギの臭い」「鉛筆の臭い」「クミン(香辛料)の臭い」といったものがあります。重度の場合は、その人が部屋にいるだけで全員が気づくほど、強い臭いを放つのが特徴です。単なる汗臭さには、そこまでの威力はないことがほとんどでしょう。

その他、わきがの人に見られる大きな特徴として「耳垢が湿っている」というものがあります。通常、耳の中は汗をかかないのですが、アポクリン汗腺の数が多いと、汗が耳にまで染み出してくるのです。また、下着やシャツなど、ワキの部分に黄ばみが見られるのも代表的な特徴になります。普通の汗じみとは異なり、わきがの場合はアポクリン汗腺からの分泌物によって、明らかに黄色に変色します。

わきがは遺伝することが分かっており、両親とも、もしくは父母のいずれかがわきがの場合は、その子どもも高確率で発症します。正確な診断は、専門の医師に診てもらうのが確実ですが、以上のことを踏まえてセルフチェックをしてみてください。